落語の「らくだ」

今作「駱駝の骨壷」は落語「らくだ(駱駝の葬礼)」を下敷きした作品です。

ある長屋に、自分でお金を稼いだことがなく、物を買うのに一度たりともお金を出したことないという無法者の「ラクダ」と呼ばれる男がいた。

彼の兄貴分の男(熊五郎)がラクダの長屋に来たが返事がない。
部屋に入ると、ラクダの周りにはフグの食べ残しがある。
どうやら毒にあたって死んだようだ。

熊五郎が「弟分の通夜をしてやりたい・・・」と考えていると、外から屑屋の男の声が聞こえてくる。
熊五郎は屑屋を呼び止め商売道具を取り上げると、通夜振舞い等を目当てに、月番・大家・漬物屋にラクダの死を知らせに回らせる。

しかし皆、無法者であったラクダの死に大喜び。悲しむものなど誰もいなかった。

熊五郎は月番には香典、大家にはお酒と肴、漬物屋には棺に使う漬物の桶をもらっていこいと屑屋に言い含めており、出し渋る人がいればラクダの死体を操り「かんかんのう」を踊らせ、驚いた相手から全てをせしめた。

通夜ができ満足した熊五郎は、帰りたがる屑屋に酒を勧め飲ませる。
すると普段は気の良い屑屋が実は酒乱であり、飲んでるうちにすっかり人が変わってしまう。
酒がなくなると熊五郎に
「酒屋へ行ってもらってこい! 断ったらかんかんのうを踊らせてやると言え!!」
と絡んでくる。ここから立場は形勢逆転。

話は葬儀へと進んでいく。

ラクダの頭を剃り漬物樽の中に入れると、落合(現在の千日前)の火屋(火葬場)に運び込んだ。
蓋を開けてみるとなんと底が抜け、ラクダの姿は何処にもない。
ラクダを探しに道を戻る最中、酔っ払った坊主が道端で寝ていた。
酔っている2人はラクダと坊主を間違えて樽の中に入れ、再度火葬場に戻り火の中に放り込んだ。

坊主「一体ここは何処だ?」

屑屋「ここは、日本一の火屋(ひや)だ」

坊主「ああ、冷酒(ひや)でもいいから、もう一杯……」

 

■あらすじは講談社文庫 古典落語(下)興津要編参照「らくだ」等を参照しております。
■噺の流れやサゲは、演じられる落語家さんによって全然違います。

広告